すれ違いの人生

とある森の奥の館があり

「グレイツェル」という魔女が住んでいた

この魔女には【窯に子供入れて食べる】習性がある

という言い伝えがあった

― 民家 ―

「よしよし、子供たちは寝たようだよ」

「おじいさんよ。

もうわしらにゃ明日食べるパンすらない。

あの子たちを森の奥に捨ててきておしまい」

「そんなかわいそうなことできん

なんとかならんかね」

「なにいってるんだい

このままじゃわしらまで共倒れだよ」

「むう・・・しかたあるまい・・・」

ー 翌朝 ー

「エンゼル、グレーテルよ

今日は森でかくれんぼをするから

ついてきなさい」

「ねえ、おにいちゃん

どこまで行くんだろう?」

「グレーテル大丈夫、いまは兄ちゃんに任せて」

「あれえ、おじいちゃん

どこにいったんだろう・・・」

大丈夫。こっち」

「きれーい!光ってる!」

「この光る石を歩きながら落としてきたんだ

辿っていけば家に帰れるよ」

「おじいちゃんは?」

「じーちゃんはぼくたちを

最初から森に置いてくるつもりだったんだよ」

「ついたー!」

「グレーテル、石のことは

絶対に言っちゃだめだからね。いいね?」

「うん!」

「お・・・おまえたちどうやって・・・」

「来た道を帰ってきたよ」

「そうか・・・。さ、疲れただろう今日はおやすみ」

― その夜 ―

「なにやってるんだい!

あの子たち帰ってきちまったじゃないか!」

「うむむ・・・

明日はもっと森の奥まで置いてこよう」

「いいかい?エンゼル、グレーテル。

今日はもーっと森の奥までかくれんぼだ」

「ねえおにいちゃん、どうしておじいちゃんは

私たちを毎日置いていこうとするの?

「ばーちゃんに言われてるのさ。

でも大丈夫。今日も目印に

朝食のパンをちぎって道に落としてきたよ」

ー 3時間後 ー

「目印のパン、見つかった?」

「ちっきしょう!どこにもない!」

はっ!

「まさか・・・

道中にいたキメラに・・・

「とりあえず森の先にすすんでみようよ」

「そうだな。この先になにかあるかもしれない」

「おにいちゃん!奥にお屋敷があるよー!

「なんだって」

「暗いね。誰か住んでいるのかな?」

「中に入ってみようか」

「だれかいませんかああああ」

グレーテル、こっちこっち!奥にも部屋があるぞ」

「牢屋があるけど、

ここには誰も住んでいないみたいだね」

「仕方ない、ちょっと外に出てみよう」

― その頃 ー

「良い引っ越し先が見つかって

良かったですね、グレイツェル様」

「あんな屋敷にいたら大好物の子供ひとり来やしないわ

さ、行くわよ」

お読みいただきありがとうございました!

ツイッターもありまーす!

たこわさび/Twitter

良かったらポチっと応援してね!(*‘∀‘)

タイトルとURLをコピーしました