どうしても気になっちゃって

ー月の世界ー

「よく来たわね。たこわさ姫」

「女王様。用事ってなんでしょうか?」

「あなたまーた火星人と大喧嘩したそうじゃない」

「違うんですよー

だってあいつら後ろから突然飛び蹴りしてきてー」

「あなたをもうこの月へは置いておけないわ

一度地球に行って勉強してらっしゃい」

「え??????」

「こら!たこわさ姫!どこへ行くの!?」

「あーあ

これで月ともしばらくお別れかー

バイバーイ!」

チュンチュン

「ばーさんちょっと森へ行ってくるべー」

「おや?なんじゃあれは」

「なんと!こんな竹の中に赤ん坊が」

「なんて可愛い赤ん坊じゃ

よしよし。すぐに連れて帰ってやるからな」

そして

おじいさんの家で育った

たこわさ姫は

すくすくと育ちました

「お前も良い年ごろになった。

そろそろ婿を貰わんといかん」

「わたし結婚するんですか?」

「明日はお城へ呼ばれておる。

出発するから準備しておきなさい」

「はい・・・」

― 翌日 ―

お城にて

「初めまして。私はたこわさ姫です

皆様お初にお目にかかります」

では今から5名の候補者のアピールタイムとする

一人ずつ前へ

「私は地元のペンキ屋で屋根の修理しています。

ただ雨の日はペンキ塗れないので仕事は休みです

「そうなんですね

では次の方お願いします」

「私は代々受け継がれているお寺の二代目です。

毎日の楽しみはお賽銭の金額を数えることです」

「ありがとうございます。

では次の方」

「僕は今はシンガーソングライター目指しながら

バイトしつつたまに駅でライブしたりの毎日です」

「なるほど・・・」

「ごめんなさい、ちょっと失礼」

「どうしても気になっちゃって

すみません。一瞬だけ席外します」

お読みいただきありがとうございました!

良かったらポチっと応援してね!(*‘∀‘)

タイトルとURLをコピーしました