流れる季節の真ん中で

これはとある少女が未来に来てしまい

帰れなくなってしまった物語である

私がこの図書館に閉じ込められた日から

何万年の時が過ぎただろうか

あの日

興味本位で触った光る本の中に

吸い込まれた出来事は

今でも鮮明に覚えている

彼を・・・彼を助けていれば

きっとこんなことにはならなかった

でも化け物になりたくなかったの

今でも後悔してる

そうだ!

二度と同じ過ちを起こさないために

過去の自分に手紙を書こう

「10年前のわたしへ」

「今あなたは人生の岐路に立たされて」

「悩んでいることでしょう」

「迷わず進みなさい」

「迷いほど無駄なものはないのだから」

10年前へ届け

えいっ

ー10年後ー

あれ

戻ってきちゃった

タイトルとURLをコピーしました